• 体毛の役割と時代の変化により増えた脱毛サロン

  • 昔は、人間の体毛も、動物のように多かったと言われていますが、現代では退化しずいぶん少なくなっています。しかし、少なくなったとは言っても、約150万本もの体毛が生えておりムダ毛として悩む女性も少なくありません。さて、女性なら誰もが気になるムダ気ですが、もともと人間の毛は体そのものを守る役割をもっています。

    例えば、髪の毛は直射日光や暑さ、また衝撃などから頭を保護していますし、陰毛やワキ毛は皮膚が摩擦するのを防いでくれています。まつ毛や鼻毛などは、ゴミやホコリなどが体内に入らないように、ブロックしてくれています。また普段は特に気にならない薄い産毛でも、紫外線が皮膚に吸収されないように守ってくれています。 さらに、体毛は皮膚の体温調節の役割も行っており、本来は人間の体を守るために必要なものなのです。実際に日本では戦前の女性に毛を剃ったり、抜いたりという習慣はありませんでした。

    戦後に西洋文化が日本に入ってきたことにより、ドレス等の袖の無い衣服を身に着けるようになって、ワキの毛を処理するようになったことが脱毛の始まりと言われています。その後、時代の流れと、人々の美意識の変化によりムダ毛は不要なものとされてきました。また、ファッション性以外にも、社会的マナーとして処理を行う必要があるとされてきています。近年ではミュゼプラチナム、アールズサロン、エピレといった脱毛サロンと呼ばれる脱毛専門エステを利用する人も増えてきました。当サイトではこの脱毛サロンについて詳しく解説します。

    ※ ミュゼプラチナムに関してはこちらもご参考に ⇒ http://xn--2013-9n4c4a4d8e2co4cwc.com/